ウィッグをアレンジしておしゃれを楽しもう!

お気に入りのデザインのウィッグで理想の髪型を手に入れたものの「ちょっとヘアスタイルをアレンジしたい」「いつもと違った雰囲気を出したい」と思うことはありませんか?

実は、ウィッグでもおしゃれなアレンジをすることは可能です。

地毛の場合と違って注意すべきポイントもあるので、意識しながらおしゃれを楽しみましょう。

ウィッグ 自然でもアレンジしたおしゃれを楽しめる
ウィッグもかなり自由なアレンジが利くので、幅広く髪型のおしゃれを楽しむことができます。

ただし地毛とは勝手が違ったり、できなかったりすることもあります。

アレンジに挑戦する際は、注意点を踏まえた上でお好みの髪の長さやスタイルにチェンジするのがおすすめです。

これまで以上にウィッグをつけるのが楽しみになるでしょう。

ウィッグもアレンジやカットが可能
ウィッグもワックスやクリームなどの整髪剤を使ってアレンジヘアを演出したり、カットしてスタイルを変えたりすることが可能です。

ヘアアレンジでは毛の流れに変化を加えたり、エアリー感を出してボリュームアップして見せたりすることもできます。

またロングタイプのウィッグの場合、まとめ髪にして印象を大きく変えることも可能です。

髪の長さを調節したい場合は、地毛と同様にカットして短くすることもできるため、飽きが来ません。

バッサリと短くしたり、ヘアスタイルに軽さを出したりして大幅なイメージチェンジもできます。

ウィッグのアレンジやカットの注意点
ウィッグは地毛と比べて密度や生え方が異なるため、バランスの取れたスタイルにカットするには専門的な技術が必要です。

自分でカットしたりヘアサロンで切ってもらったりするのではなく、ウィッグ専門店やウィッグ専門の技術のあるサロンに依頼してカットしてもらいましょう。

また、抗がん剤の副作用や円形脱毛などによってもみあげや襟足部分の地毛が無い場合、カットの際にもみあげや襟足を作ると自然です。

そしてヘアアレンジの際にハードタイプのジェルやムースなどを使ったら、その日はシャンプーしてください。

整髪料の油脂などが残ると、ウィッグの毛の劣化につながります。

ウィッグアレンジのやり方
ウィッグでできるアレンジとしてはほかにもパーマやカラー、アップスタイルがあります。

ただし制限や注意点もあるため、できる範囲をしっかりと確認しておくことが重要です。

ウィッグのアレンジ「パーマ」
ウィッグにパーマをかけて、ボリュームや動きを加えたヘアスタイルにイメージチェンジすることは可能です。

カールやウェーブ感を出すパーマやナチュラルな動きを演出するニュアンスパーマなどで、お好みのヘアスタイルを楽しめます。

人毛ではなく化学繊維のファイバーなどを使ったウィッグの場合、液材でなく熱処理によってパーマをかけることになります。

「思っていた通りのパーマがかからなかった」という状態にならないように、ウィッグにパーマをかける際はカットの場合と同様に専門店に依頼しましょう。

ウィッグのアレンジ「カラー」
カラーリングは人毛を使ったウィッグであれば可能ですが、ファイバーなど人工毛の場合はできません。

また、人毛のウィッグであっても自分でやってしまうとイメージ通りにカラーリングできない可能性もあります。

明るい印象や落ち着いたカラーなど希望通りのカラーリングを実現させるため、やはり専門店にオーダーするのがおすすめです。

ヘアサロンでウィッグをカラーリングする場合、専門的な技術を持っている美容師のいるお店で行ってもらいましょう。

ウィッグのアレンジ「ハーフアップ」
ウィッグでもポニーテールやくるりんぱなどまとめ髪や人気アレンジを幅広く取り入れることができるのです。

中でもハーフアップは、以下のやり方で簡単にアレンジできます。

1. 耳前の上部の髪を少量取ってねじります。

2. 1をそのまま後頭部に持っていってピンで留めます。

3. もう片方の耳前の上部の髪も同様にねじって後頭部でピン留めします。

4. ピン留めした部分に飾りをつけます。

きれいに仕上げるために、事前にコームなどでウィッグの毛をきれいにすいておくことを忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です